オブジェ作家スティーブ・ホールマーク氏、奇跡の来日展報告(前編)

スティーブ・ホールマーク氏の写真

2020年2~3月に開催したフジムラコンテンポラリーアート主催のSTEVE HALLMARK 2020『THE SEDONA』展には、作家のスティーブ・ホールマーク氏が2年3ヶ月ぶりの来日を果たしました!

スティーブ・ホールマークの顔写真

スティーブ・ホールマーク氏

何度もこのブログでもご紹介していますが、このスティーブ・ホールマーク氏、NY ART EXPO 2008にてオブジェ部門の最優秀賞を受賞した作家です。

▼FCA所属作家紹介:スティーブ・ホールマーク
https://www.fujimura-art.com/artist/SteveHallmark.html

NYアートエキスポ2008当時の様子

NYアートエキスポ2008当時の様子

この時の出品者が約9600名ですので、かなり盛大なEXPOの中で世界に名を知らしめたアーティスト!

ご縁あり、その日から12年。
フジムラコンテンポラリーアートでは作品発表を継続して行い、数年おきに来日をしながらファンの方々と交流を深めてまいりました。

アメリカセドナの風景写真

セドナ

セドナが山火事に見舞われ、自身が避難した時も…
東日本大震災で私たちが絶望した時も…
無理難題のテーマから新作発表に辿り着いた時も…

いつも彼は我々の心に寄り添い、親しげに振舞い、ARTに誠実に向き合い続けてくれました。

奇跡の来日展『THE SEDONA』の実現

アメリカアリゾナ州セドナの地図

赤丸シールがセドナ

その歴史の中でも今回の企画展は、一言で表すと「奇跡の来日展☆彡」です。
理由は、言わずと知れた新型コロナウィルスです。

 

アメリカのアリゾナ州セドナ在住であるスティーブ・ホールマーク氏は、乗り継ぎ(セドナから車でフェニックス→フェニックスから国内線でロサンゼルス→ロサンゼルスから国際線で羽田空港)を利用し日本まで移動します。

来日のタイミングは2020年2月。
世界的に徐々に広がりを見せ始めていた新型コロナウィルスの存在は理解していましたが…
正直なところ、ここまで大変なことになるとは予想しきれていないタイミングでの来日展。
まさに、「奇跡の来日展☆彡」となった訳です。

スティーブ・ホールマーク氏と看板犬じゅんの写真

スティーブ・ホールマーク氏と看板犬じゅん

笑顔のスティーブ・ホールマーク氏に癒されながら、心温めていただく時間…それが今展の最も印象に残った点でもあります。

奇跡の来日展『THE SEDONA』の展示作品

作品説明中のスティーブ・ホールマーク氏

今回の来日展イベントは、6日間にわたって開催されました。
もちろんスティーブ・ホールマーク氏ご本人も毎日来場!

今まで発表したシリーズもさることながら、最新作まで12年分の作品が展示される圧巻の光景!

 

シリーズは、「アンモナイト」「SAVE THE EARTH」「KODAI-古代―」「宇宙-SPACE-」などを中心に、シリーズ化していないタイプのデザインの作品も多数、多種類ありますので、色、形状、テーマ、テクスチャー、埋め込まれた石や化石、ガラス…個性もそれぞれ。

今やそれぞれの会期は終了していますが、ご覧いただきたい作品達ばかりです。

アンモナイトシリーズ

スティーブ・ホールマーク氏「アンモナイト」シリーズ作品

「アンモナイト」シリーズ

スティーブ・ホールマーク氏「アンモナイト」シリーズ作品

「アンモナイト」シリーズ

SAVE THE EARTHシリーズ

スティーブ・ホールマーク氏の「SAVE THE EARTH」シリーズ作品写真

「SAVE THE EARTH」シリーズ

スティーブ・ホールマーク氏の「SAVE THE EARTH」シリーズ作品写真

「SAVE THE EARTH」シリーズ

KODAI-古代-シリーズ

スティーブ・ホールマーク氏のKODAI-古代-シリーズ作品写真

KODAI-古代-シリーズ

スティーブ・ホールマーク氏のKODAI-古代-シリーズ作品写真

KODAI-古代-シリーズ

スティーブ・ホールマーク氏のKODAI-古代-シリーズ作品写真

KODAI-古代-シリーズ

スティーブ・ホールマーク氏のKODAI-古代-シリーズ作品写真

KODAI-古代-シリーズ

宇宙-SPACE-シリーズ

スティーブ・ホールマーク氏の宇宙-SPACE-シリーズ作品写真

宇宙-SPACE-シリーズ

「直に鑑賞する!そこで驚きと共に感動する!!」ことこそが、ギャラリーで美術品を鑑賞する醍醐味です。

新型コロナウィルスの外出自粛によって、それをなかなか実現させられない寂しさは大変に大きいものだと改めて感じています。

スティーブホールマーク氏とお客様の会話写真

多くの種類や個性が存在するオブジェばかりですので、お客様方のご質問もエンドレス…。
回答する作家はもちろん、通訳も大変そうな様子でもありました。

スティーブホールマーク氏とお客様の会話写真

スタッフは楽しむだけ……
だったと言うと怒られてしまいますね!!!

奇跡の来日展『THE SEDONA』で久しぶりの再会

そして2年3ヶ月ぶりの来日展ということは、当然ながらお客様との再会も数年ぶり!

スティーブホールマーク氏と再会するお客様の写真

久しぶりの再会を果たしたお客様とお湯のみで「乾杯♪」。
お客様の緊張をほぐそうとした、思いやりが感じられる一瞬でした。

スティーブホールマーク来日展の様子

この時も作品解説は多岐にわたり、かつては“秘密”にしていた制作方法など、おもしろくご案内下さいました。

今、手に取っている作品は「宇宙-SPACE-シリーズ」です。
こちらの作品、過去にない特殊な加工を施しており、一見すると見えません。

ですが…実は…!
ここでは明かしませんので、お知りになりたい方は是非、ギャラリーまで足をお運び下さいませ。
きっと驚きと感動に、胸がグっとくるはずです!!

スティーブホールマーク来日展の様子

旧作との再会の中にある新たな発見!
作品の材料が、木材であるがゆえの変わる姿に、作品化された後の命の経過を感じずにはいられないもの。

それが、このスティーブ・ホールマーク作品の醍醐味です。

スティーブホールマーク来日展の様子

この変化こそ、作品化された後の第二の木の持つ人生なのではないか…?

我々も、次第にそう思うようになってきました。
スタッフも個人的に購入し、自宅に飾っていますので…それぞれに感じることも多く、謎が新たな質問となり、その質問が次の変化への期待となる。

他のアーティストにはない素晴らしいスパイラルがここにあります。

スティーブホールマーク来日展の様子

新型コロナウィルスの影響がなければ、もっと多くの方にご覧いただけたのではないか?と思うと悔しくてなりませんが、またいつの日か、機会を設け、皆様にご覧いただけるようにしてまいりたいと思います。

次回に続く。
 

お客様のワンちゃんと戯れるスティーブホールマーク氏

オブジェ作家スティーブ・ホールマーク氏、奇跡の来日展報告(中編)

2020-05-27

▼FCA所属作家紹介:スティーブ・ホールマーク
https://www.fujimura-art.com/artist/SteveHallmark.html

スティーブホールマーク氏とお客様の会話写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。