フジムラコンテンポラリーアート4周年記念コメント part5

年末もいよいよ差し迫った本日も、変わらずお届けします。4周年記念コメント!!!!!

 
今年も、大変お世話になりました<m(__)m> 来年も、モリモリ頑張って、皆様に感動をお届けできるよう努めますので、よろしくお願いいたします。

そうそう…新しい2012年を迎えて、また新しい事にチャレンジしようと只今仕込中です。 色々な意味で、楽しみにしておいて頂ければ何よりです。 『前進あるのみ!!!』 皆様と共に、楽しく前向きな2012年にしたいと思っています。

 

早いものでもう4年が経ちましたね。これからも素敵な絵を紹介して下さい。楽しみにしています。  
by Masayoさま❤

 

4周年おめでとうございます!これからも楽しく、素晴らしく、癒される絵を発掘して、皆さんを楽しませて下さい!! 
by じゅんを愛するさとるさん(^◇^)・・。・’☆

 

アットホームなギャラリーですね~!ここは…。だけど時代の最先端をいく!というか、まだ埋もれている面白い画家さん の発掘も絶え間なく行う頑張るギャラリーです。おいしい食事会や画家さんとの貴重な時間などもあり、いつ行っても楽しくて愉快。でも、為になる話も多いギャラリーです。 
by 亨さん ・~。・’・(^O^)/

 

4周年おめでとうございます。これも社長(藤村さん)とスタッフ一同のがんばった結果です。これからもいい作品を世の中にドシドシ出して下さい。改めておめでとうございます。
by MASAMI & TAKARAさん★

 

ウレさんの作品に出逢えて良かったです。 
by いち ジャーマンロック ファンさん

 

4周年おめでとうございます。
ギャラリーにおじゃまするといつも長居をしてしまってすみません…。すばらしい作品と暖かい雰囲気に包まれてついつい…これからもギャラリーのますますの発展がありますように❤

by T・Yさん

 

4年って、早かったですね。いつもフレンドリーに迎えてもらい先生方とも楽しく過ごせ、色々な意味で癒される空間です。これからも皆の憩いの場として多くの新しい芽を発掘していってください。4周年おめでとうございます。
by ATSUSHIさん

 

四周年おめでとうございます。FCAの皆さんとの御縁、この御縁が様々な方と繋がっていき、大きな和に。その素晴らしい和の内の一人で居られることを心より嬉しく思います。これからも、暖かい御付き合いよろしくお願い致します。
by ABIRUさま(●^o^●)

 

カンパイ! 4周年の間に旅行に3回も一緒に行っちゃいましたね。うちのごま&しお(愛犬)もいつも可愛がってもらっています❤ またJUN君とお茶でも行きましょう♪社長、これからも宜しくお願いします!! 
by ナースひとみ さん ・・。・’・ (^u^)・。・’’

 

このギャラリーとは独立する前からお付き合いさせて頂いて、ありがとうございます。一緒に4年間成長しました。これからも、もっと深いお付き合いをさせてください。
by HIDETOSHIさん★

 

多くの方に、このような貴重なお言葉頂き、感激です。来年も、1回でも多く、ご来店頂けると嬉しいです。お待ちしております。どうぞよいお年を…(●^o^●)

画伯、吉野公賀について(2)

前回のブログでご紹介させて頂きました「画伯:吉野公賀について」。今回は核心に迫る内容をお届けしたいと思います。

 

「mother’s day」
「mother’s day」

 

「永遠に」
「永遠に」

 

「meditation’s room」
「meditation’s room」

 

上記掲載の作品たち…これらを見て、このアーティストが画家の命でもある「眼」にハンディを抱えているとお気付きになった方が何人いらっしゃるでしょうか?

 
実は、先天性の緑内障を抱えているのです。 成人して、そうですね…ちょうど吉野画伯が大学卒業後すぐの、まさに就職したての20代前半、その大きな病気が発症。

 
突然ドクターから、「あなたの目は手術が必要。そして、それを機に回復していくのではなく、今の状態をいかにキープさせるかが勝負なのだ!」と。皆様も、よくあるTVの健康番組などで「緑内障」についても、幾分かはご存知でしょう。
一般的に、視界(視力)が次第に欠けていく…という重篤な病気ですね。我々もその一般的な(まさに軽い、簡単な)情報しか持ち合わせておりませんでした。人間の体が実によく作られていて、一つの目がちょっとずつ見えなくなっていっても、片方の目が視界(視力)をカバーするというのも、よく聞く話です。そうなんです。だからこそ恐ろしい病気なのです。緑内障の一番恐ろしい所は、まさに気付くのが遅くなる可能性があるという事なのです。

 
この吉野画伯も先天性ですから、生まれた時からこのハンディは持っていたのです。しかし、発症がたまたま成人して間もなくだった…ということなのです。

 

制作風景
制作風景

 

制作風景
制作風景

 

制作風景
制作風景

 

吉野公賀画伯曰く「やはり突然のことでしたから驚きましたし、ショックでしたし、今後のことが不安でした。いつ、見えなくなってしまうのだろう…と常に危機感を感じながら生きていく人生が始まったのだ…」と。残念ながら早い時期の発見とはいきませんでした。

 
当時勤めていた会社では、ゆっくり一緒に仕事をしよう…と社長さんに声を掛けて頂いていたそうです。しかし、迷惑をかけるのは目に見えていると判断した画伯は、退職を決意。
でも、このハンディを持ったまま、どうやって働こう?何を目標に生きていこう?家族は?今後の生活は?病気の進行は?
まさに疑問と不安だらけだったと吉野画伯は振り返ります。

 

アトリエでの様子
アトリエでの様子

 

アトリエでの様子
アトリエでの様子

 

アトリエでの様子
アトリエでの様子

 

画家になると決意を固めたのは、そんな最中だったといいます。自分の一番やりたいこと!今の自分だから分かる!!やりたいことを出来ることから始めよう!!!
次第に、周囲の協力を得られるようになり、自分の生きる道を見つけ出し、泣いて迷って苦しむだけしか出来なかった自分から、まさに脱皮していく瞬間とでも言うのでしょうか!?

 

画家「吉野公賀」を応援して下さる方が、地元を中心に出来始め、思い切ってアメリカでの個展にも挑戦しました。大きなチャレンジです。それは精神的にも経済的にも…。そんな中、また病気の悪化。手術。個展開催中の渡米は叶わず…。

 

「夢」
「夢」

 

「GHOST」
「GHOST」

 

「つづく」
「つづく」

 

人生のいいところ、大変なところ…一般的に長い時間(人生)の中で経験していくであろう様々なことを、一気に30才前後で経験してしまっている画伯というより、「人」なのだと感じます。

 
沢山の物を背負った人だからこそ、感じるもの、与えるもの、表現できるもの、チャレンジできるもの、頑張れること…があるのだと思います。
珍しいテクニックやその画家ならではのテーマなど、我々見る者に対して「大きな衝撃!」を与えるアーティストは多く存在します。今回の吉野公賀画伯は、テクニックだけでは表現できないものを持つアーティストです。
今年の冬、フジムラコンテンポラリーアートが提供する新しいアーティスト「吉野公賀」。是非、ご覧になってみて下さい。

 

最後に、吉野公賀画伯から頂戴した当社の4周年記念に際してのコメントも併せて、ご紹介させて頂きます。

 

フジムラコンテンポラリーアートの皆様、
この度は「4周年」誠におめでとうございます。


アートを心から愛する人々との交流は、人生を豊かにしてくれます。そんな素敵なお客様を大切にするフジムラコンテンポラリーアートとの出会いは、私自身をも大きく成長させてくれるでしょう。

ギャラリーに入ると、笑顔の絶えない温かい雰囲気に包まれていますが、作品達からも展示されている喜びが伝わってくるようです。

末筆ながら、今後の益々のご発展と共に、この心地よい空間が末永く続いていくことを心より願います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

吉野公賀

画伯、吉野公賀について(1)

 

本日は、フジムラコンテンポラリーアートから、また新しい画家さんをご紹介させて頂くことが出来る事になりましたこと、皆様にご報告させて頂きます。近頃、こちらのブログでも、「FCA4周年記念コメント」というタイトルで、お客様や画家さんから頂戴した貴重な、そして有難いお言葉を幾つもご紹介させて頂いております。

 
月日が経つのは本当に早いもので、私共も、5年目…という節目については、正直驚いています(^-^)しかし、こうしてギャラリーが継続できるのも、お客様、そして「アーティスト」なくしては有り得ません。

 

当ギャラリーは、日本でもっともっと多くの方に知って頂きたい!ご覧頂きたい!!と、思われるこだわりのアーティストを発掘、そして一人でも多くの方にご紹介していくことを目的としています。「世界中のものを!!」と、思う中、今年は日本人の素晴らしいアーティストと2人も出会う事が出来ました。一人が「つだなおこ先生」。そしてもう一人が、この度、ご紹介させて頂く「吉野公賀(よしのとものり)先生」

 

お客様と対談中・・・
お客様と対談中・・・

 

~作品についての解説~
~作品についての解説~

 

素敵な笑顔 ・・。・(^O^)・。’’
素敵な笑顔 ・・。・(^O^)・。’’

 

まだ、30代という年齢、キャリア的には、お若い画家さんでいらっしゃいます。しかしながら、類いまれな才能と、人知れず秘められた大きなパワーを持つ画家…というより「人間」です。

 

この吉野公賀画伯との出逢いは、当社代表“藤村”宛ての1通のメール。
当社には、日々次から次へとアーティストからのメールが届きます。勿論、世界中からです。まさに、「自分の作品を取り扱ってくれませんか?興味はありませんか?」という内容のもの。

 
しかし、どれもそれも、どなたの作品も、全てをお取扱いする訳にはいきません…当然、代表の藤村が1件1件、目を通し、様々な角度で検証し、本当にご縁があった方のみだけが皆様の前で披露されることになるのです。「一期一会」まさに、「一期一絵」ですね。

 

緊張の面持ち (>_<)
緊張の面持ち (>_<)

 

輝かしいライトアップ☆彡
輝かしいライトアップ☆彡

 

中華街散策 ♪♪♪
中華街散策 ♪♪♪

 

なんとこの吉野画伯、作品の決まった画風…といったものがないアーティストです。抽象的なものから、美しい風景画まで。時には、爆発しそうな程のパワー溢れる人物画もあります。
画材も非常にユニーク。固定概念にとらわれていない使用方法で、自由自在に絵の具を操ります。キャンバスもあれば、ボードもあり…

 

先生がスヌーピーを
先生がスヌーピーを

 

色々聞きたい事ばかり 
色々聞きたい事ばかり

 

固い握手(^◇^)
固い握手(^◇^)

 

この吉野公賀画伯のご紹介、ここまでですと何も問題もなく、大変スムーズに感じて頂ける事でしょう…しかし、当社の代表藤村が、吉野画伯に「力を貸したい!一緒に頑張ってみたい!!彼の才能をもっともっと開花・発揮させてみたい!!!」と強く思い、この今に至ったのか…?は、もっと奥深いところに答えがありました。

 

それは、吉野公賀画伯の持つ大きなハンディにあります。ここに掲載する数々のお写真からは、きっとどなたも想像できないことかと思いますが…この答えは、次回のブログでご紹介させて頂きたいと思います。

 

質問はヤマのように
質問はヤマのように

 

お客様も熱心です!!
お客様も熱心です!!

 

あばあちゃまも楽しそう(^u^)
あばあちゃまも楽しそう(^u^)