2年半ぶりに”ボブ”が帰って来た!つだなおこ展『薄明の輪舞-ボブの時空旅行記-』を開催します!

新型コロナウイルスによる長期休廊後に開催した『tender lights -Tone-』は、多くの方に明るいニュースを届けることができ、大成功の内に幕を閉じました。

フジムラコンテンポラリーアートの2020年企画展としては最後となる、今年最後の目玉が始まります!

鉛筆画家つだなおこによる、『薄明の輪舞-ボブの時空旅行記-』展です!

つだなおこ展『薄明の輪舞-ボブの時空旅行記-』

つだなおこ展『薄明の輪舞-ボブの時空旅行記-』の企画展案内はがき画像

企画展案内はがき

2018年3月発表『流離う月光-ボブの森海旅行記-』展のシリーズ続編である今展は、“つだなおこ×フジムラコンテンポラリーアート”企画展10周年記念にあたります。

大切な節目の企画です。10年という長い月日を経て今日という日を迎えるまでに発表してきた数々の作品達…鉛筆画家である、つだなおこ画伯が「挑戦」という名目の元、立体作品やグラスリッツェンなど鉛筆を操るだけでは完成しえないものを作り続けて“今”があります。

 

そして昨年開催され、大反響の内に幕を閉じた【加茂水族館での特別展】は、今展に繋がる重要な起点を残してくれました。
今回のサブタイトルは【ボブの時空旅行記】。

見ているといつの間にか引き込まれる旅のナビゲーターは、もちろん、海月(クラゲ)です。
「難」以外の何物でもない創意工夫と技の探求、そしてその中で見せる“遊び心”。チャーミングな作家の性格がそのまま溢れ出す夢の冒険と愛らしいテーマ&ストーリー。

作品鑑賞していく内に、思わず微笑んでしまうのがこの「薄明の輪舞」です。

皆様の鑑賞時間に、柔らかな微笑みが生まれることでしょう。

 

■開催期間
2020年10月21日(水)~12月13日(日) 12:00~18:00

新型コロナウィルスの影響でアート業界も打撃を受けていますが、その中でも明るい“光”を放てるようオリジナル企画展を開催します。
作家来場も予定しております。詳細はお問い合わせくださいませ。

※時節柄、3密を避けるために可能な限り、事前に来店予約をお願いしています。ご協力の程、宜しくお願いいたします。

鶴岡市立加茂水族館(クラゲ水族館)で開催される、つだなおこ画伯による「鉛筆海月」展のPOP

特別イベント開催!「つだなおこ鉛筆画展」鶴岡市立加茂水族館

2019-07-10

ついに開幕★つだなおこ最新作発表展2018『流離う月光-ボブの森海旅行記-』

2018-03-04
つだなおこ展『薄明の輪舞-ボブの時空旅行記-』の企画展案内はがき画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。